日焼け止めクリーム、日傘で日焼け対策はばっちり?

太陽と女性

 

肌が白く赤くなりやすいので、紫外線対策はバッチリしているつもりです。基本的に下地とファンデーションはUVカット効果のある物を使用。夏は特にSPF値の高いものを選ぶようにしています。

 

ただ、たくさん塗り過ぎてしまうと、ファンデーションがすぐによれたり、厚塗り感が出て、見栄えはかなり悪くなってしまいます。それから、汗をかいてしまったり、塗り忘れがあったりで、ウッカリ日焼けをしてしまう事もあります。

 

全てをカバーしているようでも、なかなか完全にというわけにはいかないのが、紫外線対策の悩みです。

 

そして、クリームと一緒に併用するのが、日傘です。常に折りたたみの日傘は持ち歩くようにしています。ただ、手に持たなくてはいけないのと、人ごみで混んでいる時には日傘は周りから嫌な目で見られます。

 

それから風の強い日も、傘をさして歩くのは、かなりテクニックが必要で紫外線は完全にシャットアウト出来ていないと思います。そしてもう1つ、これがかなりストレスなのですが、常に日傘をさしていると、気取っている人と思われがちです。

 

全くそんなつもりはないのですが…。日中、日傘をささずに過ごす事が出来たら、荷物も減る上に歩くのも楽なので、すごく便利だと思います。でも、紫外線は気になるので、日傘は手放せないと言うジレンマでいっぱいです。

 

 

日焼け止めクリームは朝塗れば一日中(効果が)持続するというわけではありません。

太陽と女性

 

商品ごとに差はありますが、多くの場合、数時間で効果が切れるのが現状です。これがねえ個人的にはめちゃくちゃ面倒で、どうせなら1日中持続してくれればいいのになあ、なんて常々思っていました。

 

だけども、そうすると(つまり、紫外線をカットする威力を増幅してしまうと)今度は肌への負担が大きくなってしまうらしく、現状ではSPF50くらいが最適な値のようですね。

 

完璧な紫外線カットを優先するのか、それとも肌への負荷を抑えるのかの2択になるわけなんですが、うーん、シミが出来るのも嫌だし、肌が荒れるのも嫌だし・・。両者を兼ね備えた、画期的な日焼け止めクリームが早く開発されてほしいものです。

 

そんな中、最近飲む日焼け止めという物に、猛烈に興味を惹かれるようになった私。

 

これなら、わざわざ肌に塗る必要もありませんし、ただただ錠剤をのみ込めばいいだけなので手軽ですよね。また、飲む日焼け止めは多くの場合、1日中効果が持続するようですからね、なんだか現時点で最も効果的な紫外線対策のように思えてきました。というわけで、今年の夏は飲む日焼け止めを活用して、効果的かつ効率的な紫外線対策を実践してみたいと思います。

更新履歴